ブログ

怒涛の8月が終わろうとしています。

こんにちは。本当は今はこんばんはです。

ひと仕事おわって、やっと寝ようと思ったら目が冴えてきてしまって、カタカタとパソコンと向き合っております。喉の左の奥のほうが痛いので、寝ないとまずいなぁと思っていますが、まぁ、そんな夜があってもよかろうね、とも思います。

 

8月は、今世紀最大くらいに忙しかったです。いや、勤めていた時にこんなこともあったような気がするけど、記憶がある範囲でいいますと、ほんとうに今世紀最大級でした。色々と不義理をしていてすみませんです。何がって、もう、やっぱり地蔵盆の担当を初めてしたんですけど、しつこいくらいにいいますけど、ほんまに大変でした。で、さっきお金の計算してたらちょっとよくわからんのが出てきて、未だに地蔵盆を引きずっている我が家です。色々と、自問自答の多い地蔵盆準備でしたが、皆さんに助けてもらってなんとか、楽しく一日が終わったように思います。子どもたちはどうだったでしょうねぇ。そこがポイントですけど、顔を見ている分には楽しそうだった。うんうん。準備はそれなりに大変でしたけど、やっぱり、せっかくだし、大人になった私たちができることは惜しみなく出そう。と思ってやると、結果、私たちも楽しかった。思い切りやりましたからねぇ~。いやぁ、疲れました。

並行して、お盆はなんやら実家のややこしい×2軒分があったので、これまた精神的に疲労困憊。久々に大声で怒鳴りましたけど、まぁ、スッキリするというよりは、後味の悪いもんでした。でも、なんだかこのお盆は、私の中で大きな発見があり、面白かったです。

いや、地蔵盆だけならなんとかなったのかなぁと思いますが、色々予期せぬことが重なって、もともとバイタリティのない我が家に色々一気に起こったもんですから、もう、半ばパニックでしたね。こりゃ。

で、私は(たに)念願の、イラストレーションのお仕事をいただきました。これはまぁ、予期せぬ一大事だったわけなんですけども、またそのことは改めて書こう。

 

いやぁ、なんてことないけど、長いような短いような長いような8月でした。

ずっと心に引っかかっていることもあって、なんかこう、そこから抜け出せないような苦しさを伴う夏でもありました。でも、もう、眼前には9月が手を広げて待っている!いつもお米を頼んでいるおっちゃんからは、もう、新米が届いた。新米は、お水加減を少し減らさないといけないことを忘れるくらい、新米を食べてなかった。そんなことも含めて嬉しい。新しい季節がやってきている。嬉しい。

 

よこづな文庫としては、11月に個展をまたやる予定です。それまでにも久々のイベント出店なんかもあります。乗り切れるのかはだいぶ謎ですが、この8月もなんとか終わっていくのを見ていると、なんとか楽しくやっていきたいなぁと思います。また、近況をUPしますのでどうぞよろしくお願い致します。

台風の被害が大きくありませんように。

そろそろ寝ます。

 

ひろい海

Twitter0Google+0Facebook0