ニュース

個展をします。はい、もちろん、初めてです。

こんにちは。

今日は五山の送り火でした。うちは屋根から見ました。足の裏真っ黒ですが、今年はお墓参りも行けたので、なんだかすっきりと見ることができました。

 

さて、お知らせでございます。

よこづな文庫で10月20日~25日まで個展をやります。場所は三条富小路のギャラリーH2Oです。

もうちょっと詳細がまとまったら(というか、まだまとまってへんのかい!)改めて告知させていただきますです。

 

よこづな文庫で個展をするのは、初めてです。いっぱいやりたいことがあるとともに、何をやっていいのか、と悩み、そして、だれが見たいと思ってくれるだろう、と思い、何より、ほんまに、私らって何ができるんじゃろかいな、と大いに頭やら心やら体やらを使っている日々でございます。いやぁ、ほんまにどんなことになるかはわかりませんが、なんとなく、お心に留めておいていただければ幸いです。

 

加藤さんは、なんでもいいから、やってみたいこととか、楽しく、自由にやればいい。と思っていて、谷のほうは、どこか、「こうしたら恰好ええんちゃう」とか姑息なことを考えがちで、そうなってくると、ちょっと絵を描く動機としてはなんだかとてもしっくりこないので、何度も「無理やわ」と思ったんですけど、まー、どうあれ、今、少ないけれど手や、頭の中にあるものの中でしかできることはないのだから、もう、やってみるぞ~という感じで楽しくやることにいたしました。今は絵は描かずに、オッサンのぬいぐるみとかを作っています。現実逃避気味ですが、持っているものが少ないので、だからこそ、もう、自分の出せるものがあるとしたらそれは全部出すで、くらいの気持ちです。打たれ弱い私は、何かをやる前から弱り気味ですが、そういう無駄なものとも戦いつつ、すでに8月も終わりに近付いている現実に、また、心を折られそうになっています。情けなくてすんません。

 

この夏は、戦争のことを色々考えました。こんなに色々考えたのは今までなかったかもしれません。

安倍さんが、「え?」と思うようなことをやったり言ったりしてくれたおかげで、今年ほど、日本人として過去の戦争を自分がどう捉えていくのか、ということを考えたことはなかったように思います。いまさら?って思われるかもしれないけど、本当にそう思った。

 

ほな、途中まで作ってる”オッサン”に息子が拾ってきた棒をくっつけようと思います!またちゃんと告知します~!ダラダラと失礼しました~!!!

 

nodo-insatsu

Twitter0Google+0Facebook0